カードローンに関する収入証明書とそれが必要になる状況を徹底解説

金融業者に提出する収入証明書について

1f734

カードローンの申し込みをする際には、必ず書類を提出する事になります。いわゆる本人確認書類です。保険証や免許証などを、金融業者に提示する訳です。

しかし状況によっては、収入証明書が必要になる事もあります。収入証明書とは、現在の収入を確認できる書類です。

例えば、給料明細などはそれに該当します。少なくともその明細書には、お勤め先と受け取った給料の情報は書かれている訳です。

ですからその書類を確認すれば、勤務先の在籍状況と、収入の大まかな状況が分かります。それだけでなく、源泉徴収票なども同様です。

その書面には、会社が従業員に1年間で支払った金額が書かれています。社名も書かれている訳ですから、上記の給料明細と同じく、1年間の収入に関する状況も分かる訳です。

その他にも、確定申告書もあります。去年1年分の所得が書かれている訳ですから、それでも収入を証明する事は可能です。

このように収入に関わる書類は色々とあります。状況によっては、金融業者にそれを提出する訳です。

大きな金額で借りたい時は証明書が必要

例えば、お金借りる金額がやや高めな時です。カードローンでは、ややまとまった金額の調達が求められる事もあります。

このカードは少額融資で活用される事例が多いですが、人によってはややまとまったお金が必要な事もある訳です。時には60万や70万など、まとまったお金を借りたいケースもあります。

消費者金融で申し込みをする方々も、それだけの金額を求めている事もあります。現に多くの消費者金融では、それだけの限度額で借りる事自体は可能です。

ところで消費者金融としては、50万を1つの目安と考えています。どういう事かというと、消費者金融から50万以上で借りたい時には、上記の収入証明を提示するケースが殆どです。

消費者金融に対する様々なルールがあって、やや大きな金額を貸し出す際には、収入証明を確認する決まりになっている訳です。

ですから消費者金融から大きなお金を借りたい時には、事前に収入証明を準備しておく必要はあります。特に給料明細などは要注意です。最近数ヶ月分が求められるケースが殆どだからです。1ヶ月分ではありません。

しかしその収入の証明書が必要になるか否かも、金融業者に左右される一面もあります。なぜなら銀行の場合は、それが必要でない事もあるからです。

現に銀行としても、収入証明不要と宣伝している事も多々あります。厳密には、銀行で借りる時にも収入証明は提出する事にはなります。しかし収入証明が必要な金額が、やや高めに設定されている訳です。

確かに消費者金融の場合は、上記のような50万が1つの目安になります。しかし銀行の場合は、その基準の数字がかなり高めになっている訳です。

銀行から数百万などで借りたい時でも、収入証明が不要になる事も多々あります。

スムーズな在籍確認の為に活用される収入証明

287274

ところで収入に関わる証明書は、また別の局面で求められることがあります。WEBで完結するタイプの金融業者です。

一部の消費者金融では、申し込みに関わるあらゆる手続きを、WEBだけで済ませる事ができます。そこで申し込みをした時には、収入証明を提出する訳です。

そして、それはメリットの1つでもあります。カードローンの申し込みをした後には、たまに融資に時間がかかっている事もあります。確かに消費者金融などは、即日で融資を受ける事自体は可能です。

しかし在籍確認という手続きで、時間を要してしまう事もたまにある訳です。例えば、お勤め先の担当者の都合です。基本的には、在籍確認は電話で行われる事になります。

申込書に記載したお勤め先の電話番号に、金融業者が電話をかける訳です。それで問題は、担当者がスムーズに電話に出てくれるか否かです。

お勤め先の担当者によっては、たまに電話に出てくれない事もあります。会社の様々な都合により、離席している事が多ければ、なかなか在籍確認が完了しません。

そして金融業者としては、在籍確認が完了しないと、融資を実行するのも難しい訳です。ですから消費者金融でも、お金を借りるのに時間がかかってしまう事もあります。

ところが上記の収入証明を提出すれば、話は大きく変わってくる訳です。なぜなら収入の証明書には、勤務先の名前も書かれているからです。

その書類を金融業者に見せれば、少なくとも会社に在籍している事実を証明できます。それだけにスムーズに在籍確認が完了する訳です。

またプライバシーに関わるメリットもあります。人によっては、金融業者に申し込みをした事を、お勤め先に内緒にしたいと望んでいます。

勤務先に電話が行ってしまえば、万が一の事態もあり得ます。しかし書類による確認でしたら、万が一の事態になる確率も低い訳です。ただしその書類で確認するというやり方は、全ての金融業者が採用している訳でもありません。

上述のWEB完結の金融業者でしたら、証明書での確認も可能ですが、中にはそれが難しい業者もある訳です。ですから収入証明は、金融業者を選ぶ基準の1つになる事もあります。

カードローンで即日融資してくれる審査の甘いところはあるか

何らかの事情があって別の借入金がある場合や、かつて金融機関とトラブルを引き起こした経験がある場合、カードローンに申請しても通りづらいという人も少なくありません。

即日で審査の甘いところであれば通るのではないかと考えている人もいますが、利用する場合に注意したいこととして、借入金がどれくらいあるかによって、通りやすいかどうかが決まるでしょう。

借入金が小額である場合、融資にとおりやすい可能性が少なくありません。対して多額の場合には新しいカードローンに通ったとしても保証人が必要となる可能性もある為、状況によって通りやすさが違うことを覚えておきましょう。

小額であれば比較的審査が甘いところとして、中小企業の消費者金融が挙げられています。消費者金融でも中小の場合には大手よりも甘目となっていることが多いため、利用しやすいと考える人が少なくありません。

確かにほかのところよりも圧倒的に甘めに設定されていますが、状況によっては通りづらい場合もあることを覚えておきましょう。

給料日までに後わずかしかなく、融資を受けなければ生活が立ち行かないと数万円を融資してもらう場合には、通りやすいと考えられています。

即日で通りやすくする為には、午前中に申請を済ませることです。平日午前中であれば、どの金融機関でも即日で融資をしてくれる可能性が高いといえるでしょう。

対して、平日14時以降の場合には銀行系で、また、消費者金融であってもインターネットでのネット完結型取引でなければ、当日に融資をしてもらえる確立はぐっと下がりますので注意して下さい。

できる限り早い時間に申し込み、審査の時間を踏まえて早く取引できるようにすることが重要といえるでしょう。

金融機関によって違う融資の通りやすさ

金融機関によっては、非常に厳しくチェックしてから通る人も少なくないところや、申請して特に問題なければすぐに融資してくれるところまで、多数のところが存在しています。

基本的に厳しさで挙げれば銀行系が挙げられるでしょう。銀行系は厳しいことで有名ですが、系列であるカードローン会社に関しては、必ずしも厳しすぎることはありません。

しかし、申請をする時にどうしても銀行系列である為に厳しくなってしまうこともある為、注意して活用してください。

また、ポイントとして挙げられているのは、銀行系・信販系・消費者金融系大手・消費者金融系中小の順番で甘くなることです。

信販系のキャッシングの場合には、カードを保有していてキャッシングの枠内であれば多少の融資は、何度でも通るといえるでしょう。

カードを保有するまでの審査が厳しいため、銀行系よりも多少は緩やかですが、やはり厳しいところであることに変わりはありません。

消費者金融系大手の場合には、ほかよりもゆるいですが、中小よりも厳しく、遅延があった経験のある人や、借入金が大きい人の場合には多少通る時に苦労するといわれています。

全ての人が借入金があっても通らないというわけではなく、ある程度高額の人ははじかれる可能性が少なくありません。

また、遅延がある人の場合は記録が消えてもあまりいいイメージがないため、多少借りられるときに慎重な判断を下される可能性が高い為、注意して下さい。

利用する時に注意するべきこととして

a1

返済できる物であれば、今までの借入金を少しでも減らしておくことが、よい印象を与える為に必要といえることでしょう。その上で申請をすることによって、金融機関側でも多少評価してくれるといわれています。

また、金融機関でトラブルになりにくいように、普段から光熱費の支払いや携帯電話料金といった部分で支払いをクリーンにしておく事も重要といえるでしょう。

ライフスタイルを見直し、お金の使い方に対して無駄がないかどうか確認し、借入金を減らす努力をしてください。

借りる時に中小の金融機関であれば申請しやすいといわれているため、費用を確認してから小額から利用することが重要です。小額から利用して実績をつけ、ある程度実績をつけてから必要な額を申請して通す方法もあります。

上手に活用する事で資産を適切に取り扱える人物として評価される可能性もある為、実績を大切にしてください。

気をつけるべきことは、どの金融機関でも金利が異なる為、少しでも借りやすいところに借り替えられるかです。

金融機関によってはおまとめローンという形で利用できる物もありますので、事前に利用しやすいおまとめローンにして払いやすくして、借入金を減らす努力を更に加速させることです。

おまとめローンの場合、通常よりも金利に幅が出る可能性があるので、慎重に契約する会社を選びましょう。

審査が甘めの会社の場合には、甘いからこそどれくらいの費用となるのかを確認し、必要性の高い融資額を確認して活用する事が重要といわれています。

納得できる支払ができる人に貸すことが消費者金融となっている為、あるていど評価されやすいような行動を心がけてください。